yattasama’s blog

小生の食道楽をご案内

安い!旨い!愛想無し!  大治町・伝説の串新時代

安くて美味しいと娘の勧めで入店。

店名は「伝説の串 新時代」と大仰なネーミング。

一番気になるのは「甚目寺店」となっていること。この地は尾張地域で数少ない市町村合併しなかった大治町。隣町とは言え、支店名はいただけない。せめて「あま店」とか広域地域名を使用すればいいのに。多分、地域性を知らない本部の担当者が、よく確認せずに命名したのかしらん。

まず店構えは、よくあるチェーン店の焼き鳥屋と同じだ。

驚きは生中が¥190円!安い!

だが、ソフトドリンクの烏龍茶は¥290円。但し、大ジョッキサイズ。

お店自慢の伝串は、鶏皮の串。とにかくカリカリパリパリで、鶏皮が苦手な人でも食べられる。なんと一本50円で一本からオーダーできるのが嬉しい。

串カツは、味噌・ソース・カレーからチョイスできる。味噌は名古屋風の甘めの赤味噌仕立てで旨い。値段は¥180円とやや高めだが端でちぎれるほど柔らかい。肉がミンチ状になっているからだ。

揚げ出し豆腐は、家庭的な味。¥350円と適正価格。ボリュームもあって美味しかった。欲を言えば、大根おろしをもっと多くして欲しいのと生姜をもう少し効かせて欲しい。

特筆すべきはとんぺい焼き。少量の千切りキャベツに薄い豚肉が卵の薄焼きとチーズでサンドされている代物。お好み焼き用の甘辛いソースに大量のマヨネーズがかかっている。ソースが多いから若干辛いが美味い!チーズが絶妙なハーモニーを奏でている。¥580円とやや高めだが十分にそれだけの価値はある。

手羽先は残念ながらイマイチ。業務スーパーで売っている冷凍手羽先をチンしただけのお味。¥350円の価値は無い。

同様にチャーハン¥580円も手羽先と同様だ。市販品の味で、ボリュームも今一つ満足出来ない。

一方で、黒醤油ラーメンは業務スーパーのラーメンスープみたいだが、不味く無い。むしろ旨い。昔懐かしい支那そばを彷彿とさせる味で小員は気に入った。ただ、メニューにも書いてあるがハーフサイズのためボリューム的には物足りないが、¥350円なので良しとしたい。

いずれにしても、酒類は安い。少しスタッフの元気がないのと愛想が悪いのが気にはなるがオーダーから提供までの時間もまあまあ早い。それだから繁盛しているわけだ。

席料が1人¥300円は今どき痛いが、そこは古き良き日の居酒屋の名残りと割り切れるか。

ちなみに代金は税別なので、注文によっては結構な金額にはなる。

妻も気に入った風なので、またお邪魔してみたいお店の一つになった。

ご馳走様でした。

 

ひどい!騙されたあ サントリーのBOSSシリーズなのに

スーパーのレジ横に「完熟バナナラテ」と、喫茶店で飲むバナナジュースと同じ色の飲み物を発見!

もとよりバナナ大好きおじさんなので、試しに購入。

家に戻り冷蔵庫で冷えること数時間の待ち時間。

冷えたのを確認して、楽しみにじっくり観察。

美味しそうなバナナの絵。その横にもさらに「バナナ」の絵の表記。

ジュースとは書かれていないから100%バナナでは無いことは分かっていたが、どのくらいバナナが含まれているかを確認した。

がーん!

全くバナナは入っていないではないか!

砂糖と大豆と香料!?冗談じゃない!きなこ汁じゃないか!楽しみにしてたのに。

デカデカとバナナのイラストと「完熟バナナ」の表記。誰だって、少しくらいバナナが含まれていると思うぞ。詐欺だ!

確かに「無果汁」と書いてある。「バナナの香りは香料」とも書いてあった。が、しかし、そんなとこまでレジ直前で確認はできない。こちらの情報を大きく表示すべきだろう。これでは、定期縛りのあるインチキ通販サイトとなんら変わらない。

天下のサントリー、その中でも人気のBOSSシリーズの信頼が根底から崩れる。

もうサントリーは信用しないし買わない。

怒った!

普通に美味しい魚料理店 一宮市木曽川・龍神丸

ショッピングセンターのテナントの、カツオ料理がメインの高知県のお店。

焼き魚が食べたくなり入店。

妻は鰤の胡麻ダレ丼¥1,188円をオーダー。

甘めの醤油ダレが多めにかかっていて旨い。出汁も美味いが、量が少ないのが残念。

 

小員は、鰤カマと天ぷら定食¥1,518円をオーダー。

想像より大きい鰤カマで満足できる。天ぷらは、カラッとはしておらず、しっとり系で専門店のそれとはかなりの差がある。

ご飯はお釜で提供され旨い。量は茶碗に二杯弱と少なめ。小員くらいの年齢にはベストのボリュームだ。

白菜の漬物も完璧な浸かり具合で旨い。味噌汁の具はアオサだが、もうちょっと多めに入れて欲しいのと、麹が多すぎてくどさを感じるのが残念。

値段的にはショッピングセンター内のお店にしては高めの設定だが、料理の質からすれば妥当だ。

ただ、おしぼりが紙の物が一つだけ。カマを食べるのだから、もう一本は追加してほしいものだ。

機会があれば再訪しますね。

ご馳走様でした。

感じのいい喫茶店! 名古屋市中川区・珈琲処 徳右ヱ門

フラッと初めて入った喫茶店

外見と違って、中はどことなくレトロな雰囲気を醸していました。

多種多様な大量の新聞や雑誌が整理されて置いてありました。そればかりか、文庫本や児童書、妊婦向け書籍などもデカい棚にズラッと。

たまたま妊娠中の娘と入店したのだが、これを見て「妊娠中に役立つ本がありますよ」と、ほぼ満席で忙しい中わざわざ案内してくれました。

喫煙室も、臭いが漏れないシステムになっていて、喫煙室前の客席に座ったが全く気にならない。

「ペットも大丈夫ですし、赤ちゃん用の椅子もありますから産まれたら是非ご来店ください」と。まあ商売上手な事だが、その言質に嫌味は全く無く、快適に時間を過ごすことができました。

アイスコーヒーは竹墨の水出しとこだわっていて¥480円と、周辺より高めの設定。

おつまみに、よくある柿の種の小袋に手作りっぽいクッキーが2枚。

娘はアイスのアールグレイ¥480円をオーダー。

見てビックリ。アイスコーヒーと色が全く同じ。「そうなんです。メーカーに特別に仕入れてるのですが、一緒の色なので油断するとどっちがどっちかわからなくなるんです」とスタッフさん。味はしっかりアールグレイ

小腹が空いたため、ポテトサラダサンド¥440円も追加オーダー。

ん?ドリンクより安い。

3枚のパンに挟まれている上にポテトサラダだから、満腹感は十分。ただポテサラが滑るので食べづらかったが。

メニューを見ると、デザートも軽食も多く飽きることはなさそう。

また機会があったらお邪魔します。

モーニングに行けたらいいなあ。

ご馳走様でした!

 

これは酷い 吉野家の親子丼

期間限定の吉野家の親子丼。

試しにオーダー。

見た目は美味そうだ。

やや濃いめの丼ツユに、トロトロ卵がたっぷり。鶏肉も大きめのサイズでいっぱい。

いただきまーすと一口。冷たい!鶏肉が冷たい。それも全部。しかも臭みがある。鶏肉がもつ臭みと違い獣臭にちかい臭さだ。ラム肉に近いかもしれない。

火は通っているから、店内調理ではなく温め直しだろうがガッカリだ。

横でいつもの牛鮭定食を食べている妻が正解!

 

やっぱり遅い  稲沢・や台ずし

元々は大人気だったニパチの後継店。

オープンして間なしに入店した時は、スタッフが元気なくオーダーミスやら提供が遅かった。しかし、オープンして1年以上経ったから落ち着いただろうと再度お邪魔しました。

感じは良くなった。

スタッフも声が出ている。

しかし、オーダーから提供までが時間がかかるのは以前と同じだった。

お替わりのビールも再三催促して30分経ってようやくというあり様。

味がいいし、スタッフもいい子ばかりだから、とても残念だ。

手羽先の唐揚げも申し分なくおいしい。

太巻きも手巻き寿司も、屋号に寿司とあるだけに旨い。にぎり過ぎず、にぎり足りなくもない絶妙な具合だ。

海老マヨも海老が大きく食べ応え十分。

串カツもちょうどいい上げ具合に美味しい味噌がたっぷり。

唐揚げも大きめのサイズでボリュームたっぷりだ。

海鮮サラダも、新鮮なブツ切りの刺身がいっぱい。

とにかく海鮮が旨い。

これで、オーダーミスがなく、提供が早ければ大繁盛間違い無いのに。

本部ももう少しスタッフの増員をはかればいいのにと心底思う。

またオーダーから調理、提供までのオペレーションを再考されるべきと思う。

まあ最大の希望は、ニパチの再登場だけど。

食べ比べ小籠包  津島市・浜木綿

6月限定で通常の小籠包に、エビとアスパラの小籠包、蟹味噌小籠包が登場。

6月しか食べられないとあって、いただいてみました。

うん、それなりに美味しい。

でも、やっぱり普通の小籠包の方が食べ慣れているから美味しく感じる。

あと海老ラーメンもオーダー。

辛い!かなり辛い。子供なら食べられない。

メニューをみると唐辛子抜きもオーダーできるとある。次は唐辛子抜きでオーダーしよう。

あとは、いつもの通りに、天津飯と浜木綿名物の杏仁豆腐をいただきました。

あと今月の試食の胡麻団子も。

美味しかったです。

ご馳走様でした。